業務内容

環境事業

一般廃棄物収集運搬・道路清掃業・公園管理

一般廃棄物収集運搬

近年の産業経済社会の発展に伴い、生活は物質的に豊かで便利なものになりましたが、その反面でごみの排出量は毎年増え続けています。当社では、各官公庁より業務委託を受け、各家庭から排出される一般廃棄物を収集・運搬・処理しております。また、事業様との契約により、事業系一般廃棄物も同様に処理をしております。

イメージ イメージ

一般廃棄物収集運搬

道路清掃業・公園管理

各官公庁からの業務委託を受け、道路清掃を行い、社会のインフラである交通機関を快適に維持管理します。

イメージ イメージ
イメージ

道路清掃業・公園管理

しゅんせつ・土壌汚染対策・改良土センター

しゅんせつ・洗浄工事

河川のしゅんせつ、排水溝・貯水槽等の洗浄工事を行っています。

イメージ イメージ

しゅんせつ・洗浄工事

土壌汚染対策

近年問題になっている土壌汚染は、処理に関して土壌汚染対策法や条例により厳しく定められています。 当社では、調査から、土壌汚染の除去(原位置浄化、掘削除去)まで、一貫して施工できる体制を構築しています。原位置浄化では、土壌改良機のリテラを利用し、汚染物質を無害化する薬品と均一撹拌混合し浄化します。掘削除去では、汚染土壌を掘削除去し、提携処理場にて焼成無害化し、セメント原料等に再利用します。除去後の埋戻しには、改良土や山砂を利用します。

改良土センター

建設発生土の再資源化施設として改良土センターを2009年に瀬戸市海上町に設立しました。 通常、現場等で発生した掘削土は埋め戻しには使用されず、残土として処分され、埋め戻しには新たに採取した山砂が使用されています。これにより、環境破壊等の深刻な社会問題となっています。当センターでは、発生する残土を再利用して高品質の埋め戻し材として甦らせる事により、残土処分の減量化に取り組んでいます。当センターの規模は敷地面積3,000平方メートル、設備として、リテラBZ210(移動式)やハイドラスクリーンM310F、PC200などがあります。当社では、多数の運搬車を保有しており、産業廃棄物の中間処理場もあることから、運搬や産業廃棄物処理にも随時対応可能となっております。確かな技術と素早い対応でお客様のご要望にお応えできます。

改良土センター

イメージ イメージ イメージ